• 図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集
  • 図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集
  • 図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集
  • 図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集
  • 図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集
  • 図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集
  • 図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集
  • 図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集
  • 図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集
  • 図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集

図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集

2,037円(内税)

数量

中見出し中見出し中見出し

商品情報


箱根ガラスの森美術館に収蔵されているヴェネチアン・グラスを掲載。現代ガラス作家作品、ヴェネチアン・グラスの技法、歴史等。
発行:1996年8月8日 初版発行/1998年5月5日 第2刷発行/2006年11月22日 改訂版第1刷発行/2016年8月8日 開館20周年改訂版発行
Ukai 箱根ガラスの森美術館Ⓒ2016
監修:岩田正崔(Ukai 箱根ガラスの森美術館 館長)
   由水常雄(Ukai 箱根ガラスの森美術館 顧問)
デザイン:山田政彦
制作:大塚巧藝新社インターナショナル
項数:154項
サイズ:200×200mm









ラッピングに関して






  • 箱根ガラスの森美術館オリジナルペーパーバッグをお付けします
    ※サイズによってはお付けできないものもございます


  • ラッピングイメージ


  • こちらのお品物はギフトボックスに対応してございません。無料ラッピングをご指定頂けます








中見出し中見出し中見出し

CREDO QUIA ABSURDUM


― 荒唐無稽なるが故に我それを信ず ―
ローマ帝国時代のキリスト教の神学者で哲学者であったテルトゥリアヌス(160-220年頃)の言葉です。
箱根ガラスの森美術館はヨーロッパ貴族の館、特にヴェネチアのイメージを意識して形にした、いわば非現実的な世界、あるいは空想的な世界、言い換えれば荒唐無稽と言う事も出来るでしょう。この荒唐無稽とも言える空間で、お客様には思い切り心を遊ばせて頂きたい。日常の多忙な世界から解放された心の安らぎを得て、新たなインスピレーションが湧いてくるという暗黙の哲学的メッセージを、このラテン語は語っています。日常を一瞬忘れて心を遊ばせることで、次の自分が見え、「人生はこうあるべきではないか」というようなある悟りを得る。そういう事を気付かせてくれる発見や喜びがこの美術館にはあります。
箱根ガラスの森美術館 館長 岩田正崔
(図録/Ukai 箱根ガラスの森美術館 水の都の炎の奇跡 収蔵作品集より一部抜粋)







ヴェネチアン・グラス


ヴェネチアン・グラスとは
紺碧のアドリア海に面した北イタリアの水の都ヴェネチア。ヴェネチアン・グラスは、古代ローマ時代のローマン・グラスにその起源を発するともいわれ、当時すでにイタリア半島全域には多くのガラス工房が作られていました。ガラス生産の中心地は、1291年の「ガラス製造業者および工人・助手、家族等のすべてをムラーノ島に移住させ、島外に脱出する者には死罪を課す」というヴェネチア共和国の強力な保護政策により、ヴェネチアの本土であるリアルト島から隣のムラーノ島へと移ります。そして今日に至るまで、ムラーノ島はヴェネチアン・グラスの中心地であり、ムラーノ島の人々は、ヴェネチアン・グラスと運命を共にしてきました。



RECOMMENDEDITEM

おすすめ商品

  • 『箱根ガラスの森美術館』開館25周年記念切手&ポストカードセット

    『箱根ガラスの森美術館』開館25周年記念切手&ポストカードセット

    2,000円(内税)

  • フュージョン皿/ムリーナ・スパイラル/YE

    フュージョン皿/ムリーナ・スパイラル/YE

    5,540円(内税)

  • クリスタルツリー/CRY×AB/S

    クリスタルツリー/CRY×AB/S

    6,900円(内税)

  • フュージョン皿/舟形カリオカ

    フュージョン皿/舟形カリオカ

    13,570円(内税)